Product Story

開発ストーリー

REBORNAが生まれるまで

The Beginning

ある朝鏡に映った
自分にびっくり

美容液・化粧水・クリーム、たまにはシートパックと、ひと通りのことはなんとなくしてきた私ですが、このなんとなくでいいのかな?
という不安も頭の片隅にあり、でもまあまだ大丈夫だろうと高をくくっていた。
そんなある朝、寝起きで鏡の前に立った私。映った自分にびっくりガクゼン。うわっ!ひどい顔。笑顔の爽やかな朝なんて遠い昔のこと。もう手遅れ?いいや何とかしなくては!歳を重ねるのは素敵なことだけど、汚いおばさんになるのは絶対に嫌。

私を呼び覚ます。

ちょうどそんなとき偶然にも仕事の関係で、エイジングケア※1化粧品の、成分や効果のことを詳しく調べる必要が起きたのです。私は自分の現実と重ね合わせて、とても他人事とは思えず、どんどんのめり込んでいきました。

いろいろな研究者の方や開発会社・販売会社プロの方々のお話を真剣に伺い、たくさんの商品を実際に試してみたりもしました。仕事で調査だったはずが、もう完全に自分事。
「私が使いたいと思えるのはどれ?」、正しい理論で成分が組み合わされ、効果とコスパで納得できる商品は?
という真剣な消費者の想いでした。

※1:年齢に応じた化粧品等によるケア

私を呼び覚ます。

The Awareness

肌の未来が変わる
新たなスキンケア

この時期にこの気づきを得られたことは幸いでした。美容科学の進化は目覚ましく、幹細胞や遺伝子レベルの研究から、新しい因子の発見で、肌のターンオーバーをサポートすることが可能になっていることを知ったのです。 最も注目されているのは、「幹細胞」の研究。そしてもう一つ、エイジングケア研究のカギを握る一大発見とされ、美容科学界でも大きな期待を集めているのが「NMN」という次世代成分でした。

これまでのスキンケアは、自分自身では生み出せなくなった成分を「補う」という考え方が大半でしたが、新しいスキンケアは全く違うアプローチ。肌のターンオーバーの仕組み自体に着目し、自分自身の細胞※1が本来持っていたチカラをサポートして、美しさを「引き出す」新たな時代が始まろうとしているのです。これで私の肌も救われる!? 私は、今までとは全く違う考え方の、新たなエイジングケア※2の可能性に心躍らせました。

※1:角層細胞
※2:年齢に応じた化粧品等によるケア

私を呼び覚ます。

The Production

自分自身が納得して
使えるもの
大切な人にこそ
勧めたくなるものを
そう決めて取り組んだ
REBORNA の開発

私を呼び覚ます。

使い手の欲ばりな想いとプロの知恵の融合を目指して開発プロジェクトがスタートしました。
今回 REBORNA の開発で最も貢献してくださったのが高田先生です。

高田先生は長年にわたり、美容クリニックやエステサロンなどの「美容材」を開発してきた研究者で、専門家のニーズに応え続けてきた方でした。
その高田先生に、私たちのコンセプト=「”ヒト幹細胞培養液”※2 と” NMN※3” の力を最大限に引き出した、スキンクリエイション美容液を、
“納得のいくコストパフォーマンス” で」というプランをお伝えしたところ、しばらくの沈黙の後「やってみましょう」とのお返事をいただきました。

ヒト幹細胞培養液と NMN のはたらきのメカニズムから考えて、私は当初から”限界までの高濃度配合“というイメージにこだわっていました。
極論を言えば原液をそのまま使うのがベストではないかと思っていたほどです。

しかし高田先生のお考えはそれを超えていました。高濃度はよいがそれだけではいけない。化粧品は治療の薬ではなく日々ここちよく使って結果を得るものだ。主要な成分が期待通りの働きをしやすくなるよう、それぞれの役割で互いを助け合う副成分の組合わせ方、そして浸透性※1。高田先生はベストバランの哲学を持ったアーティストだったのです。

※1:角層まで
※2:成否成分
※3:ニコチンアミドモノヌクレオチド(整肌成分)

私を呼び覚ます。

The Complete

ついにこれならばという
1本が完成しました

REBORNA SERUM は「ヒトさい帯血幹細胞」※1 の 培養原液をベースに「NMN」※2を高濃度で配合。さらに選りすぐりのシナジー成分をベストバランス※3 で配合し、浸透力※4 を重視して 「nano 化リポソーム加工」を施したこだわりの美容液です。

※1整肌成分 ※2ニコチンアミドモノヌクレオチド。整肌成分 ※3自社研究による適正な配合率のこと ※4角層まで

REBORNA

開発にかけた思い

私を呼び覚ます。

ヒト幹細胞培養液の
“本当のチカラ” を
引き出す本物の一本をつくろうと臨みました。

今、美容科学界で注目の「ヒト幹細胞培養液」には実は色々な種類があります。リボーナセラムで採用したのは「ヒト臍帯血幹細胞」の培養原液です。脂肪由来の幹細胞培養液もよく用いられているようですが、幹細胞は命の源に近いほどすばらしいとされています。臍帯血幹細胞培養液は非常に希少で高価ですが、培養液中の美容因子の質と量がとても高いのが特徴です。
この原液をベースに、NMN も高濃度配合し、さらにリポソーム加工で浸透※1を高めて、肌のターンオーバーをサポートする設計です。2つの主成分が角層深くまでから働き、合わせて配合したシナジー成分がお肌の外側から上手に機能してくれることを目指しました。みなさまのお肌で感じていただければ幸いです。

※1:角層まで

私を呼び覚ます。
私を呼び覚ます。

専門家も驚く濃度と成分
成分表を拝見して「ヒトさい帯血幹細胞培養液」が
一番初めにあったので驚きました。

成分表は内容量の多い順に記載される決まりですから普通は「水」が最初でその後に配合成分が続くものです。
この成分濃度をこの価格で提供されているのは驚きましたが、実際に使ってみて もっと驚いてしまいました。
シナジー成分として配合されているものも、他の美容液では主成分とされているものばかりですね。

全成分

ヒトさい帯血幹細胞順化培養液、水、ポリ-γ-グルタミン酸Na、ニコチンアミドモノヌクレオチド、水添レシチン、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸、ウンカリアトメントサエキス、フラーレン、レスベラトロール、BG、PG、ダマスクバラカルス培養エキス、アセチルヘキサペプチド-8、3-O-エチルアスコルビン酸、シルクエキス、アルブチン、メリッサエキス、ウイキョウエキス、コレステロール、フェノキシエタノール、クエン酸Na、クエン酸

私を呼び覚ます。